採用情報

人を知る

兄弟で日進工業に働いている平中兄弟のインタビューをご紹介いたします。
「元々、溶接や鉄鋼業界に興味があったので、働き始めてからもすごく楽しい」とキラキラとした笑顔で話してくれました。

平中兄平中 涼

業界歴・業務について

業界歴は一年半です。日進工業に入社する前は全く違う仕事をしていたので、未経験で入社しました。
業務内容は、溶接をメインで行っています。その他はサンダーかけやプレートを作っています。

嬉しかった事や職場の良いところ

周りの先輩は皆さん優しくて、良くほめてくれます。
上手に作れた時に褒められた事がすごく嬉しいです。
それが仕事のやりがいやモチベーションに繋がりますね。

気をつけている事

特にケガには気をつけています。クレーンで鉄骨を吊っているので、それが落ちて来て挟まれたら大変なことになるので、工場の中は危険です。“万が一”が起こらないように、普段から声掛けや周りを見ながら仕事をするように心がけています。

今後の目標

まだ入社して、1年半ということもあり、仕事の幅が先輩たちに比べると狭くなってしまいます。
仕事の幅を広げるためにも、仕事に役立つ仕事を取って、成長していきたいです。

平中弟平中 脩

業界歴・業務について

業界歴は兄と同じく、一年半です。
業務内容は鉄の切断をしています。機械では出来ない部分を計算しながら切ります。人手が足りない時は溶接もやります。

やりがいを感じる瞬間

綺麗に正確に切断するところが難しいですが、そこがやりがいでもあります。ガスを使って手動で切断するときに、ぶれないようにするのが特に難しいですが、上手くいったときは嬉しいですね。

日進工業の魅力

スピードと正確さがあるところです。だからこそ、お客様からお仕事を頂けているんだと思います。
工場での実技の勉強と、定期的に勉強会があるので研修制度がしっかりしているので、安心して働くことが出来ます。
会社全体の技術向上のためにチームワークを大切にしています。
休憩中は仕事の話もしますが、プライベートの話もしながらコミュニケーションを取っています。アットホームな雰囲気も気に入っています。

兄弟で働くことの安心感

気軽に相談ができる事と、何より兄弟がそばにいるので安心感があります。兄弟の仲は小さいころから良く、社会に出てからもその関係は変わっていませんね。

未来の後輩へ

この仕事をすることで鉄の魅力をより知ることができます。
「興味があるから」「面白そうだから」という気持ちがあれば、立派な入社の動機になると思います。
自分もそこからスタートしました。興味を持ちながら働くことで、自然と知識もついてきます。分からない事は周りの先輩が教えてくれるので、一緒に鉄のプロフェッショナルを目指しましょう。